シルクのスキンクリーム

今シルクのパワーのスキンクリームが注目されています。昔からシルクは美肌効果があると言われていましたが、シルクフィブロインによって、シルクのパワーが多くの人に紹介されるようになりました。シルクフィブロインとは東京農業大学、農学博士である長島氏がシルク研究の過程によって発見されたものです。シルクにはフィブロインというタンパク質が75%、他に幾つかの種類のセリシンというタンパク質が25%含まれており、ここから純粋なフィブロインだけを摂りだしたものを、シルクフィブロインと言います。

シルクフィブロインシルクフィブロインは特殊な抽出法によって抽出されたものですが、セリシンというタンパク質を排除しています。シルク自体手術などの縫合糸としても使われるほど、生体親和性が高く人体に無害なものですが、体内に入れると油脂の粒子が入り込んで吸収されずに体外に排出することもできます。このように吸脂性、生体親和性の他にも、中性脂肪値の低下作用やヘモグロビンA1c値の低下作用や、血糖値の低下作用、UVカット効果、無味無臭、形状変化、殺菌性などの性質を持っている優れものです。

美肌の面では紫外線から守るパワーや、シワやたるみのサポート効果も高いと言われており、アンチエイジングにも注目されています。また保湿効果も抜群とのこと。またタンパク質に付着するという性質があるため活性界面剤を配合しなくても毛穴の中までキレイに汚れが取れるという働きもあります。つまりシルクフィブロインのスキンクリームは、美肌効果と洗浄効果のダブルパワーがあるのです。